J-Glyco Net 共同利用・共同研究拠点 糖鎖生命科学連携ネットワーク型拠点

  • 東海国立大学機構 糖鎖生命コア研究所 iGCORE
  • 自然科学研究機構生命創成探究センター ExCELLS
  • 創価大学糖鎖生命システム融合研究所 GaLSIC

概要・コンセプト・設立経緯

Outline / Concept / Establishment process

先端的な糖鎖研究力を活かし、
研究者に対して広く研究支援

糖鎖生命科学連携ネットワーク型拠点では、糖鎖研究を推進するための共創的研究プラットフォームとして共同利用・共同研究事業を展開します。
東海国立大学機構 名古屋大学・岐阜大学糖鎖生命コア研究所、創価大学糖鎖生命システム融合研究所、および自然科学研究機構生命創成探究センターの3施設が有する先端的な糖鎖研究力を活かし、糖鎖研究者と糖鎖科学を専門としない研究者に対して広く研究支援を行い、生命科学研究全体のアクセラレーターとしての機能を担います。

日本が世界の生命科学をリード

多様な分野との統合・融合的な
糖鎖研究を立案

本拠点は、糖鎖生命コア研究所(iGCORE)の分子から個体にまで及ぶ総合的糖鎖科学の研究力、糖鎖生命システム融合研究所(GaLSIC)による糖鎖生命科学と情報科学の融合研究力、生命創成探究センター(ExCELLS)のオンリーワン設備による先進的糖鎖構造生物学研究力を組み合わせ構成した世界唯一の統合糖鎖研究拠点です。多様な分野との統合・融合的な糖鎖研究を立案し機関間でシームレスに実施する体制を構築しています。

世界で唯一の統合糖鎖研究拠点

他分野との統合・融合的な糖鎖研究を立案し
機関間でシームレスに実施

“融合型糖鎖研究”により
生命科学のボトルネックを解決

J-Glyco